蛇口に関連する水道の修理は意外と簡単?

生活している中で水に関するトラブルが発生するとなかなか自分で対処することができずに、水道 修理業者に依頼しなければと考える人も多いのではないでしょうか。もちろんプロにお任せするのでスムーズに進みますが、中には自分で比較的簡単に直すことができるものもあります。

■蛇口や水栓から水が止まらない場合は簡単に修理できるか

自分で行うことができるものの1つとして挙げられるのが、蛇口や水栓など目に見える部分から水が漏れている場合です。ふと気づいた時に台所やお風呂場、洗面所などの蛇口から水がポタポタと漏れているのを発見したことがある人も多いのではないでしょうか。
中には少しだからと放置してしまう人もいます。ですが水が出ている以上水道料金は加算されてしまいますし、何よりも水を無駄に流していることになりますので早めに対処することが大切です。蛇口や水栓から水が漏れている場合は比較的簡単に修理することができるので挑戦してみましょう。

■パッキンやそのほかの部品の耐用年数は10年ほど
毎日使用している蛇口に使われているパッキンやそのほかの部品の耐用年数は実は10年ほどです。ある程度年数が経つと経年劣化によって緩みが生じたりすることから水が漏れてしまうようになります。そこで水が漏れている箇所から交換することができるパッキンなどを特定しましょう。
例えば、蛇口を締めても水が漏れているという場合は水栓のレバーやハンドルの部分にあるケレップ、バルブカートリッジのゴムパッキン、胴体内部のUパッキンなどを確認します。ゴミが詰まって汚れているのが理由になっていることもあるので綺麗に洗って様子を見てみます。ゴミなどを綺麗に取り除いても水が漏れてくるという場合は交換が必要になります。

■交換するための部品は簡単に入手できる

近年多くの人が行っているのがDIYです。それに伴ってホームセンターやネット通販ではDIYに関連する道具や材料、部品なども豊富に取り揃えており、プロ顔負けのDIYを行っている人もいます。
蛇口の修理に必要な部品もホームセンターやネット通販などで適合サイズなどを確認して比較的簡単に入手することができますし、修理の方法などもネットで調べると映像で紹介しているところなどもあります。ただし10年以上経過している水栓の場合は交換をする時にパッキンが入手できないこともあるのでこういった場合は水栓そのものを交換することになります。

■まとめ
水道の蛇口の修理は比較的簡単に部品などを揃えて行うことができるものであり、業者に依頼するほどではないという場合も放置をせずに自分で部品の交換を行うなど挑戦してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ