水道の修理で発生する交換などはどこまで負担するのか

ライフラインである水道は、道などに埋め込まれている配管を通って各家庭に供給されています。毎日使用している水は浄水場などで綺麗にされて届けられているのですが、万が一水に関するトラブルが起こった場合に交換などにかかる修理費用は個人でどの程度負担する必要があるのでしょうか。

■個人が負担する範囲とは

水漏れなどが起こった際に水道局が負担するのは道路側からメーターボックスがあるところまでであり、そこから先は全て個人の専有地に配管などの装置があることから交換などの修理にかかる費用は個人の負担となります。

■不測の自体でも水道料金は発生する
水漏れは使用者の意思とは関係なく起こっていることから、水道料金は発生しないのではと考える人もいるのではないでしょうか。ですが検針の段階では使用した水も漏れた水も同じ扱いであり、水漏れに関しても料金は発生してしまいます。水道料金がいつもよりも高いことで水が漏れていることが発覚したというケースも珍しくなく、水漏れは経済的な負担も大きいものとなることから早めに対処しなければなりません。
また通常通りの使用をしていた、修理が済んでいるなどの条件が揃うと水道局から料金の数割を減額してもらうことができる可能性が高くなるので、万が一水漏れを起こして料金が高額になってしまった場合は管轄の水道局に問い合わせてみましょう。ただし、地域によって対応してもらえるかは異なります。

■交換などの修理は指定工事事業者に依頼すると安心

水のトラブルを解決するために依頼するのが修理業者ですが、いったいどこに相談すればいいのか、水が漏れていることでパニックになってしまい冷静な判断ができないこともあります。そんな時は管轄の水道局に問い合わせて、指定工事事業者を紹介してもらいましょう。水道に関連する工事は認定資格を持った業者しか行うことができませんし、これは法律によって定められています。安易に業者を選ぶのはやめましょう。


■まとめ
給湯器 交換などの修理が発生した場合、そのほとんどは個人の負担になります。早めに対処をすることで費用を抑えることにも繋がるので、普段から定期的にチェックをするなどしておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ